ソーセージの作り方:オーストラリアの人気チーズ入りソーセージKransky!!!

今日のソーセージの作り方はオーストラリア人の大好きなソーセージKranskyです。

もともと北スロベニアのソーセージがオーストラリア人の好みにあったそうです。
とくに特徴のある原材料は、白ワイン(シャルドネ種)とチェダーチーズを加えるところです。

自家製クランスキーソーセージの作り方

原材料

クランスキーソーセージ材料

豚肉 1162g
牛肉  775g
雪氷 105g
白ワイン(シャルドネ) 105ml
チェダーチーズ 95g
ノンファットドライミルク 30g
27g
生ガーリック(おろし) 13g
ブラックペッパー 3g
ビタミンC 少々
天然ケーシング 豚腸 2パック
※これ以外にCure #1、リン酸塩類(発色剤・結着剤など)を使っております。
これらに関しては個々の事情でお考え下さい。


作り方

1.確実に豚肉、牛肉は低温にしておく(凍る一歩手前まで)、このようにソーセージスタッファーによる充填まで10℃以内で収める。

2.上記の豚肉、牛肉を9mmに挽いておく。

3.挽いた肉にその他の食材を完全に混ぜておく。

4.混ぜた肉を再度ミートグラインダーで5mmで挽く。その後雪氷をまんべんなく行き渡るようよく混ぜる。

5.ソーセージスタッファー豚腸へ4のソーセージ生地を充填する。

ソーセージスタッファーで腸詰め

6.事前にスモーカーに火をいれ、ノンスモークで55℃にし充填を終えたソーセージを豚腸が乾くまで30分程吊るしておく。

7.その後、煙を出しながら75℃で30分程度ソーセージをスモークする。

8.75℃に沸かしたお湯の中にソーセージをいれ30分程ゆでる。

9.加熱が済んだら、ソーセージをすばやく氷水の中へ浸す。

10.水からあげ翌日まで冷蔵庫に入れ、その後食す。


クランスキーソーセージ

切ったところこんな具合です。

クランスキーソーセージできあがり

ガーデンクックでは、この他世界のソーセージを自分で作ってみたいと努力しております。    

■作成: ■公開日:

== 今回のレシピで使った以下の材料・道具・用品はガーデンクックでご購入できます ==

フランクフルトソーセージ用 天然ケーシング 豚腸フランクフルトソーセージ用 天然ケーシング 豚腸
商品番号:120002
個包装使いきりタイプで衛生的!ガイド芯が通っているのでソーセージスタッファーや充填器への装着もカンタン! 使いやすい手作りフランクフルトソーセージ用豚腸。
価格:1,180円(税込)
←詳細ページへ

ソーセージスタッファー
ソーセージスタッファー(ソーセージフィラー) 2.2kg用
商品番号:50501
アメリカンスピリット溢れるガッシリ丈夫で操作しやすい縦型ソーセージスタッファー。ラクで手早いソーセージ充填ができ失敗知らず!
部品は簡単に取り外しができ洗浄しやすいので、いつも清潔に保てます。
価格:57,590円(税込)
←詳細ページへ

ソーセージの作り方:オーストラリアの人気チーズ入りソーセージKransky!!!」への2件のフィードバック

  1. 佐藤正之

    何時も愉しませていただいております。このレシピで雪氷を入れるタイミングは5mmで引き直す時でしょうか。

    返信
    1. garden-cook 投稿作成者

      佐藤正之様

      いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
      雪氷を入れるタイミングは5mmで挽き直したあと、ケーシングに充填する前です。
      抜けていましたので、訂正しました。お知らせいただきありがとうございました。
      それでは、今後ともガーデンクック及び当ブログをよろしくお願いいたします。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。